3月最終週に4人でディズニーランドへ行くなら回り方はどうする?

3月最終週に4人でディズニーランドへ行くなら回り方はどうする?

どうも。いわいです。

ディズニーランド・ディズニーシーは、35周年イベント最後の週末ということで、大変賑わったようです。

ディズニーランドに至っては入場制限がかかりました。

また、ミッキー・ミニーのグリーティングは、イースターからの顔変更の噂もあってか、長蛇の列ができていた模様。

ネット上の情報では、シーのミッキー&フレンズ・グリーティングトレイルでミッキーが700分待ちになったそうです。

恐ろしい。

3月最終土曜のディズニーランドの回り方

さて今回は、学生が春休みを迎え、大混雑期に入るディズニーランドでいかに立ち回るかを妄想してみました。

学生が多いだろうとの予測の元、徹底してアトラクション中心の回り方を考えます。

しかも、三大マウンテンをメインに組み立ててみました。

以下の回り方の時間は、2018年3月31日の待ち時間を参考に作成しています。

6:00 集合

8:05 入園

8:10 ビッグサンダーマウンテン ファストパス取得(乗車時刻9:20-10:20)

8:15-9:45 スプラッシュマウンテン スタンバイ

9:50-10:10 ビッグサンダーマウンテン ファストパス使用

10:20 スペースマウンテン ファストパス取得(乗車時刻14:15-15:15)

10:25-10:55 プラズマ・レイズ・ダイナーで早めのランチ

11:00-12:00 ガジェットのゴーコースター

12:20 スターツアーズ ファストパス取得(乗車時刻13:55-14:55)

12:30-13:30 ピーターパン空の旅

13:40-14:10 お土産の買い物

14:20-14:40 スターツアーズ ファストパス使用

14:45-15:05 スペースマウンテン ファストパス使用

15:10-15:45 ミッキーのフィルハーマジック

15:50-16:20 ハングリーベア・レストランで早めのディナー

16:25-17:10 ウエスタンリバー鉄道

17:15-18:05 カリブの海賊

18:10-18:55 ジャングルクルーズ

19:00-19:35 白雪姫と七人のこびと

19:40-20:25 ホーンテッドマンション

20:30-20:55ロジャーラビットのカートゥーンスピン

21:00-21:50 バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

3月最終週のディズニーランドの回り方の解説

パークには開園2時間前に到着する

まず、アトラクションを楽しむためにはファストパスが必須となります。

ファストパスをできるだけ早く取るためには、できるだけ早くパークインすることが絶対条件です。

そのため、2時間前にパークに到着して並ぶべきです。

当然のことながら、チケットは事前に入手しておきます。

eチケットなら売り切れなければいつでも入手可能。

時期が時期だけに、早めに購入しておきましょう。

ファストパス最優先の行動を心掛ける

開園したら、真っ先にファストパスを取りに行きます。

まれにアトラクションを狙いに行く人がいるようですが、アトラクションを中心に回るのであれば、ファストパスは必須です。

アトラクションを狙うのではなく、まずファストパスを取ることを最優先に考えましょう。

何のファストパスを最初に取るかですが、1番人気のスプラッシュマウンテンではなく、ビッグサンダーマウンテンのファストパスを取ります。

理由は、2つのアトラクションの位置関係です。

スプラッシュマウンテンのファストパスを取って、ビッグサンダーマウンテンのスタンバイに並ぶのは、一度ビッグサンダーマウンテンを通り過ぎ、戻ってくることを意味します。

これではスプラッシュマウンテンまで行ってビッグサンダーマウンテンに戻る間にビッグサンダーマウンテンのスタンバイの列が長くなってしまい、待ち時間が長くなります。

ですから、ビッグサンダーマウンテンのファストパスを取り、スプラッシュマウンテンのファストパスを取る選択をします。

また、2時間後のファストパスは極力時間を空けず、きっちり2時間後に発行できるよう行動すべきです。

発行5分前にはファストパス発券所に並んでいるべきです。

混雑期はファストパスにも行列ができますから、ファストパスの発券に時間がかかると、次のファストパスの発券時間に影響が及ぶからです。

大混雑期で、ファストパスのほとんどは午前中でなくなるでしょうから、いかにうまくファストパスを取れるかが、1日の楽しみ方を大きく左右します。

食事の時間は普通の人たちとずらす

ディズニーランドの混雑期で困るのは、パーク内での食事です。

どのレストランも大混雑するため、座席を確保するのは一苦労です。

あらかじめプライオリティ・シーティング(事前予約)を利用すれば、ゆとりのある食事を楽しむことができますが、事前に時間を決めなければいけないことと、食事の値段が高いため、金銭的に余裕のある人でなければ利用しづらいです。

特に若い学生のグループでは、ちょっと厳しいでしょう。

そこで、余裕をもって食事をするための戦略として、時間をずらして食事をとるという戦略をとります。

午前10時台はまだ各レストランとも混雑していませんので、ここが最初の狙い目となります。

10時台に食事ができれば、ランチの時間帯の大混雑は回避できます。

そして、ピークがひと段落したランチ以降ディナー前の時間帯に再度食事をとることで、混雑を回避することができます。

レストランではなく食べ歩きメニューで済ませるのも手でしょう。

天気がよければ、外で食事をするのも問題ありません。

大移動をせずに済む回り方を考える

混雑期は人も多いですから、移動にも時間がかかります。

そして何より体力を使います。

ですから、パーク内を大きく横断するような移動は極力避けましょう。

そこで上手く立ち回るために、できるだけ近くにあるアトラクション同士を攻略していきます。

アプリで待ち時間、地図で位置関係を把握しながら、できるだけ短い待ち時間で乗ることのできる近場にあるアトラクションを狙いましょう。

パレードは見なくても時間とルートは把握しておく

アトラクションを中心に攻めますから、じっくりアトラクションを見る時間を確保していません。

パレードはアトラクションを待ちながら、あるいは移動しながら横目で眺める程度にとどめます。

できるだけ多くのアトラクションに乗ることを優先させるのであれば、パレードは犠牲にしなければいけません。

また、パレードが行われる時間は、アトラクションに並ぶ人が減りますから、待ち時間が短くなるため、アトラクション派にとっては狙い目の時間となります。

さらにパレードが始まると、通行止めになるルートが出てくるため、移動が思うようにいかなくなる可能性もあります。

ですから、パレードに興味はなくても、パレードの時間とルートは把握しておくべきです。

実行できれば14個のアトラクションに乗れる

スケジュールどおりに回ることができれば、3月下旬の大混雑期にもかかわらず、なんと14個のアトラクションに乗れます。

あとは当日の混雑状況に応じて待ち時間は変化するはずですから、臨機応変に立ち回ることができるかどうかです。

3月28日~31日は年間パスポート除外日

ディズニーランドでは、1年間に渡って続いてきた35周年イベントがついに終了。

イースターは4月4日からスタートのため、イベントのない隙間の時期となります。

また、3月28日から31日は年間パスポート除外日に設定されているため、3月23日の土曜日に比べれば若干ですが来園者数が減る可能性はあります。

それでも1年間で見ればトップクラスに混雑する時期ですので、各アトラクションの待ち時間が長くなることは覚悟したうえでパークへ行かなければいけません。

まとめ

以上『3月最終週に4人でディズニーランドへ行くなら回り方はどうする?』でした。

3月の最終週という混雑期でもディズニーランドを楽しく回ることができるイメージは掴めましたか?

事前にスケジュールをちゃんと作れれば、あとは当日の立ち回り次第です。

みんなと行くディズニーランドは楽しい思い出にできるよう、綿密な準備をした上で遊びに行ってください。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら