2020年1月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想

2020年1月5日

2020年1月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想

どうも。いわいです。

この記事を書いているのは2019年12月なのですが、時期的には2020年の混雑予想を行い始める時期です。

早いもので、東京オリンピックの年、そしてディズニーランドが拡張する年がついにやってこようとしています。

発表のときのことを考えると、なんだか信じられません。

そして先日、ディズニーランドの拡張エリアの詳細が発表されました。

いよいよ来たなといった感じです。

それでは今回は、2020年1月の混雑予想です。

早速いってみましょう。

2020年1月ディズニーシーの混雑予想カレンダー

まずは2020年1月のディズニーシーの混雑予想です。

数字が大きければ大きいほど混雑するという意味です。

※2020年1月4日追記
予想発表後に開園時刻が変更になりましたので、一部修正しております。
1/6(月)9:00→8:30
1/17(金)9:00→8:00

また、一部営業時間に誤りがありましたので修正しております。
大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

2020年1月のディズニーシーの混雑予想

2020年1月のディズニーランドの混雑予想カレンダー

続いて2020年1月のディズニーランドの混雑予想です。

※2020年1月4日追記
予想発表後に開園時刻が変更になりましたので、一部修正しております。
1/11(土)9:00→8:00

2020年1月のディズニーランドの混雑予想

2020年1月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想解説

それでは、なぜこのような混雑予想になったのか、具体的な解説をしていきます。

年始は混雑する

まず、大前提として1月はディズニーランド・ディズニーシーが最も空く時期です。

そのため、基本的には1月はパークへ行くなら狙い目の時期となります。

それでも多くの会社・学校がお休みであろう1月5日までは、一定の混雑が予想されます。

2019年から2020年にかけての年末年始はゴールデンウィーク・お盆に匹敵する9連休になる人が多いと思われます。

大型連休はどうしても混雑するわけで、時短営業となる12月31日以外は一定以上の混雑になることが予想されます。

連休中にパークへ行きたいのであれば、毎度おなじみですが初日と最終日が狙い目となります。

特に連休最終日の1月5日は大きな狙い目となるでしょう。

6日以降は閑散期

年末年始の連休が終わり、学校・会社が始まると、ディズニーランド・ディズニーシーは閑散期に突入します。

特に平日の閑散ぶりはものすごいことになります。

混雑するパークしか知らない人がこの光景を目の当たりにしたら、人の少なさに衝撃を覚えるかもしれません。

この時期のパークが空く理由は、寒さと18日・19日のセンター試験、そして関東圏の高校の推薦入試など受験の時期であることです。

パークの混雑は学生のスケジュールに大きく左右されるため、学生の学校行事などはチェックしておく必要があります。

1月は営業時間に要注意

1月のディズニーランド・ディズニーシーは、混雑を予想する上で営業時間に注意する必要があります。

通常は8時開園・22時閉園のパークが、この時期は10時開園・19時閉園をはじめ、イレギュラーな営業時間となる日が多いです。

平日だけでなく土日でも8時30分開園や9時開園の日があり、注意が必要です。

ディズニーシーの混雑予想解説

現在のディズニーシーと言えば、やはり2019年7月にグランドオープンしたソアリンを抜きに語ることはできません。

ソアリンのグランドオープン以降、ディズニーシーの混雑の度合いは増しています。

そのため、2019年の混雑指数よりも大きな数値にしています。

ディズニーランドの混雑予想解説

ディズニーランドは2018年4月から2019年3月まで、35周年のイベントが開催されておりました。

そのため前年より混雑が大きい傾向にあったのですが、35周年終了以降は混雑の数値が落ちています。

やはり35周年イベント終了後にディズニーランドへ行く人は減少した模様です。

よって、2020年1月の混雑指数も前年より数値を小さくしています。

2020年1月の休止施設

2020年1月のディズニーシー・ディズニーランドの休止施設は以下のとおりです。

2020年1月ディズニーシーの休止施設

・アトラクション

2020年1月6日-2020年4月4日レイジングスピリッツ
2020年1月7日-2020年1月31日アクアトピア
2020年1月10日-2020年2月2日エレクトリックレールウェイ

1月の休止アトラクションで大きいのは、レイジングスピリッツです。

レイジングスピリッツが休止になることで、隣にあるインディジョーンズの待ち時間がやや長くなる傾向があります。

・キャラクターグリーティングの休止はありません。

2020年1月ディズニーランドの休止施設

・アトラクション

2019年10月1日-2020年4月7日シンデレラのフェアリーテイル・ホール
2020年1月6日-2020年1月26日ホーンテッドマンション
2020年1月13日-2020年2月11日ビッグサンダーマウンテン
2020年1月14日-2020年1月28日グーフィーのペイントハウス
2020年1月20日-2020年1月24日ウエスタンランド・シューティングギャラリー
2020年1月27日-2020年2月7日ピーターパン空の旅
2020年1月29日-2020年2月12日ロジャーラビットのカートゥーンスピン

2020年1月の休止アトラクションは、他の月に比べて多めです。

そして何と言ってもビッグサンダーマウンテンが約1ヶ月に渡り休止となります。

この影響でスプラッシュマウンテンやスペースマウンテンが混雑の度合いを増すでしょう。

・キャラクターグリーティング

2020年1月6日-2020年1月10日ミッキーの家とミート・ミッキー

ミートミッキーが休止になるのは意外です。

冬休み明けで期間は短いですが、この期間に行こうと計画している人は注意が必要です。

2020年1月の年パス使用不可日

2020年1月に年パスの使用不可日はありません。

次回の年パス使用不可日は、2020年3月28・29日となっています。

まとめ

以上『2020年1月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想』でした。

いかがでしたか?

パークへ遊びに行く際にはぜひ参考にしてください。

しっかりとした混雑対策を行い、パークを存分に楽しみましょう。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら