GWにパークへ行けないなら妄想で男一人ディズニーシーを楽しむ

パークへ行けないなら妄想で男一人ディズニーシーを楽しむ

どうも。いわいです。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

緊急事態宣言は全国に拡大し、楽しみにしていたゴールデンウィークも外出自粛を余儀なくされました。

悲しいかな東京ディズニーランド・ディズニーシーへ遊びに行くことは、どんなに早くても5月半ばまでは不可能です。

再開が一体いつになるのか待ち遠しいところです。

さて、今回は残念ながらゴールデンウィークに東京ディズニーシーへ行けずにモヤモヤしているところで、Youtubeの動画を集めて、ディズニーシーへ行った気分に浸ろうという企画です。

本来であればライドに乗りながらの撮影はNGのアトラクションが多いのですが、今回は大目に見て、Youtubeにアップされていた動画をご紹介していきます。

ディズニーリゾートライン

まず、ディズニーシーへ行く雰囲気を味わうなら、パークの前に忘れてはいけないものがあります。

それはディズニーリゾートラインです。

多くの人は舞浜駅で降りて、リゾートゲートウェイ・ステーションへ移動し、ディズニーリゾートラインに乗って東京ディズニーシー・ステーションまで移動しているはず。

となれば、まず最初にディズニーリゾートラインに乗って、東京ディズニーシー・ステーションまで移動しましょう。

今回ご紹介の動画はディズニーリゾートラインの前面展望で、1周するものになっています。

普段あまり先頭車両に乗ることがないので、個人的には珍しい映像のように見えます。

それにしてもいい天気ですね。

早く乗りたいです。

ディズニーシーのBGM

パークへ行ったら、テンションを上げてくれるのはパーク内を流れているBGMです。

流れているBGMを聞くと「ディズニーシーへ来たー!」と実感するのは私だけでしょうか?

パーク内の各エリアではそれぞれBGMが流れています。

そんなBGMをまとめた動画がありましたので、ご紹介しておきます。

私のリモートワーク中の部屋のBGMとしても大活躍してくれています。

あなたのお気に入りのBGMが含まれていることを願うばかりです。

ソアリン・ファンタスティックフライト

私はソアリンに1回だけ乗ったことがあります。

まず絵が動いたとき、驚きました。

そしてライドが動き始めた瞬間の歓声。

あたかも本当に飛んでいるかのような錯覚に陥る素晴らしい演出。

最後に映像が終わると鳴り響くゲストたちの拍手。

動画を見ていると、実際に乗ったときのことを思い出します。

しかし、残念ながらこの映像を見ているだけではソアリンの本当の素晴らしさは分かりません。

これは実際に乗ってみたほうがよいです。

まだ乗ったことのない人は、がんばって一度乗ってみてください。

センターオブジアース

センターオブジアースは私が最も好きなアトラクションの一つです。

エントランス周辺の雰囲気。

エントランスに入ってからテラベーターまでの道のり。

テラベーターの中。

実際にライドに乗車してからも洞窟の雰囲気と、ラヴァモンスター遭遇後の急加速と急落下。

最後にわずかに見える外の景色。

どれをとっても極上です。

ディズニーシーに行った際には、最低でも1回は乗らなければ気が済みません。

平日に行った際には2回乗りますし、センターオブジアースが休止の期間中はディズニーシーには行かないほどです。

東京ディズニーリゾートの最速アトラクションは、ディズニーシーで間違いなく最もスリルがあり、最も面白いアトラクションです。

インディジョーンズ

スリルは少ないですが、常に揺れまくり、映画の世界観を味わえる面白いアトラクションです。

1日に4回乗ることもある大好きなアトラクションです。

何回も乗る理由は、何と言ってもシングルライダー対応であること。

ディズニーランドに比べてアトラクション数が少ないため、一人ディズニーで訪れる者にとって非常にありがたいアトラクションです。

レイジングスピリッツ

ディズニーシーに存在する唯一のジェットコースターです。

360度1回転するのが売りなのですが、いかんせん爽快感に欠けます。

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンとスペースマウンテンのほうが上というのが私の評価です。

シングルライダー対応ということで、1日複数回乗るのが常となっています。

インディジョーンズが大好きなので、インディジョーンズに乗ったら次にレイジングスピリッツに乗るというルーティンになることが多いです。

あとは、夜に乗ると綺麗な景色が見えるので、アトラクションを楽しむというより景色を楽しむ目的で夜に乗ることが多いです。

トイストーリーマニア

ソアリン登場以前のディズニーシー人気No.1アトラクション。

いまだ大人気ですが、ソアリン登場のおかげで朝一のファストパスが取りやすくなりました。

以前ならトイストーリーマニアのファストパスを確実に取り、朝一のパークの立ち回りを有利に進めるため始発に乗ってディズニーシーへ向かいましたが、ソアリンに人が流れたからです。

トイストーリーマニアは何回乗っても面白いですね。

いまだに20万点も取れませんから、次回は20万点以上を目標にがんばりたいです。

ちなみに、トイストーリーマニアで高得点を出したい人には、60万点以上の高得点を出す方法を紹介した記事を書いていますので、こちらもご覧ください。

アクアトピア

ファストパス系アトラクションばかりになりましたので、1つくらいは非ファストパス系アトラクションの動画もご紹介しておきます。

私も大好きなアクアトピアです。

本来は予測不可能な動きでゲストを楽しませてくれるアトラクションです。

比較的回転もよいため、30分前後の待ち時間で乗ることができるので、長時間並ぶことが嫌いは私でもパークへ行ったら間違いなく乗るアトラクションです。

夏場はびしょ濡れになるので、レインコートが必須です。

エレクトリックレールウェイ

ディズニーシーで必ずではないけれども、乗るチャンスがあれば乗りたいアトラクションです。

アトラクションというか、むしろ移動手段と言ったほうがよいかもしれません。

アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリー間を移動する際に利用できます。

ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道は1周まわって元の位置に戻ってきますので、用途が異なります。

できれば毎回パークに行った際には乗りたいのですが、エレクトリックレールウェイは待ち時間が長すぎると歩いたほうが早いので、空いているときにのみ利用しています。

トランジットスチーマーライン

実は私はトランジットスチーマーラインが大好きです。

そもそも船が好きなので、ディズニーシーへ行ったら、アメリカンウォーターフロント発1周、メディテレーニアンハーバーからロストリバーデルタへ、ロストリバーデルタからメディテレーニアンハーバーへという3つのルートをすべて制覇するほどです。

船に乗りながらパークの景色を楽しむだけで存分に楽しめる自分がいます。

さすがに3種類の動画を紹介するのはしつこいので、アメリカンウォーターフロント発の1周コースの動画をご紹介しておきます。

ディズニーシーをぐるっと1周

アトラクションの動画ばかりになりましたので、最後はパークをぐるっと1周歩いて回る動画をご紹介しておきます。

ちょうど1年前のゴールデンウィークの大混雑時にパークを1周した動画です。

とにかくどこへ行っても人、人、人。

これだけ混雑していると、移動するのも苦労します。

ただ、今になった思うことは、パークへ遊びに行けるだけマシであるということです。

まとめ

以上『パークへ行けないなら妄想で男一人ディズニーシーを楽しむ』でした。

いかがでしたか?

動画を見ていて、逆にディズニーシーへ行きたくなってきてしまいました(苦笑)。

1日も早い事態の収束を願うばかりです。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら