2019年10月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想

3月最終週に4人でディズニーランドへ行くなら回り方はどうする?

どうも。いわいです。

あっという間に10月の混雑予想の時期がやってきました。

10月のディズニーランド・ディズニーシーといえば、ディズニー・ハロウィーン真っ只中。

暑さもおさまり、気候的には非常にすごしやすくなってきます。

そのため、パークへの来場者数がぐんぐん増加。

対策を立てておかないと、混雑に巻き込まれ、パークを存分には楽しめないかもしれません。

そこで今回は、2019年10月のディズニーランド・ディズニーシーの混雑予想を行います。

2019年10月のディズニーシーの混雑予想

今回もディズニーシーからスタートです。

お世話になるのは、毎度おなじみ「ディズニーランドディズニーシー混雑予想カレンダー」様のリアルタイム待ち時間です。

2018年9月のディズニーシーの混雑はどうだった?

まずは2018年9月のディズニーシーの混雑がどうだったのか振り返ってみましょう。

ちなみに、2018年のイベントスケジュールは以下のとおりでした。

・ディズニー・ハロウィーン:9月11日(火)~10月31日(水)

非常に分かりやすく、ハロウィーンのみです。

ちなみに、色と数字がピンと来ない方のために、混雑の目安としては以下のようになっています。

ディズニーリアルタイム待ち時間混雑の目安

2018年10月のディズニーシーは、あまり混雑していませんでした。

特に1週目の平日は、閑散期かと思わせるような混雑指数になっています。

ただ、さすがに週末は混雑しており、10月21日(日)は入場制限がかかっています。

それでも、この1日以外は大混雑というわけではありませんでした。

考えられる理由は、ディズニーランドが35周年だったため、ディズニーランドに流れたのでしょう。

2019年10月ディズニーシーの混雑予想

それでは、2019年10月のディズニーシーの混雑は一体どうなるのか、予想してみましょう。

まずはイベントのスケジュールの確認から。

・ディズニー・ハロウィーン:9月10日(火)~10月31日(木)

イベントとしては、2018年と特に大きな変化はありません。

しかし、変動要因は存在しています。

まず、ディズニーランドの35周年イベントが終了したこと。

そして、何といっても7月23日(火)にグランドオープンしたソアリン:ファンタスティック・フライトが超人気であることです。

トイストーリーマニアをはるかに上回る待ち時間の日が続いており、パーク内の人の動きを完全に変えてしまったほどの大きなインパクトとなっています。

よって、2018年より混雑するであろうことは、容易に想像つきます。

ですから、10月の土日祝日にパークインを検討している人は、それなりの覚悟を持って行きましょう。

特に3連休の中日、10月13日(日)は危険な香りが漂います。

そしてもう1つ、2019年の特殊な変動要因は、10月22日(火)が「即位礼正殿の儀の行われる日」で祝日になることです。

19日(土)、20日(日)の週末のあと、21日の月曜日をはさんで、22日(火)が祝日となります。

人によっては21日に有給休暇を取得して、4連休にする人もいるのではないでしょうか。

また、上のカレンダーを見ると、休み明けの日が平日にもかかわらず意外と混雑しています。

この時期の月曜日は、学校の運動会などの振替休日で、学生がお休みになっている場合が多いと考えられます。

そのため平日にも関わらず混雑日が発生することがあります。

さらに、10月1日は東京都民の日、10月28日は群馬県民の日です。

さほど大きな影響は与えてなさそうですが、一応頭の中には入れておいたほうがよいでしょう。

休止施設としては、何といってもセンターオブジアースが11月30日まで休止中。

私はこの時点でディズニーシーはパス。

ソアリン、トイストーリーマニアもいいですけど、やっぱりディズニーシーといえばセンターオブジアースです。

センターオブジアースのないディズニーシーなど考えられません。

2019年10月のディズニーランド混雑予想

続いてはディズニーランドの混雑予想。

その前に、2018年10月のディズニーランドの混雑がどうだったのかを振り返ってみましょう。

2018年10月のディズニーランドの混雑はどうだった?

2018年9月のディズニーランドの混雑は、以下のとおりです。

ちなみに2018年のイベントは、以下のとおりでした。

・ディズニー・ハロウィーン:9月11日(火)~10月31日(水)

そもそもディズニーランドは35周年。

記念の年でしたから、前年より入場者数が増えていました。

2018年10月のディズニーランドリアルタイム待ち時間

カレンダーの数字と色をディズニーシーと見比べると、2018年のディズニーランドはディズニーシーよりも混雑しているようです。

目立つのは、土日祝日の混雑ぶり。

真っ赤です。

20日、21日、28日と3度も入場制限がかかっています。

ただ、1番の混雑は3連休明けの9日(火)。

平日にもかかわらず、入場制限級の大混雑に見舞われました。

また、22日、29日も月曜日にも関わらず、かなり混雑しています。

2019年10月ディズニーランドの混雑予想

それでは2019年10月のディズニーランドの混雑予想に入っていきましょう。

まずは2019年10月のイベントの確認から。

・ディズニー・ハロウィーン:9月10日(火)~10月31日(木)

10月はディズニーシーと同様、1ヶ月まるごとハロウィーンです。

ただ、ソアリンがオープンしたディズニーシーとは異なり、ディズニーランドにはプラスの変動要因がさして見当たりません。

よって、ディズニーシーにゲストが流れることにより、2018年より混雑が若干緩和されるのではないかと予想しています。

それでも、あくまで若干です。

土日祝日と休み明けの平日は、昨年同様ある程度の混雑は覚悟していたほうがよいでしょう。

また、ディズニーシーの時にも書きましたが、22日(火)が「即位礼正殿の儀の行われる日」で祝日になります。

そのため、19日(土)、20日(日)の週末は、3連休と並んで要注意かもしれません。

10月1日(月)も若干混雑しているように見えますが、これは東京都民の日が影響したのかもしれません。

休み明けも要注意。

運動会の振替休日で、月曜日がお休みの学生たちがパークを訪れます。

休止施設は大きいものはありません。

細かいところは公式ホームページでご確認ください。

まとめ

以上『2019年10月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想』でした。

いかがでしたか?

10月は混雑度が増してくる可能性が高い月。

それだけに事前準備を怠らず、パークを全力で楽めるようにしてください。

楽天マガジン
なら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら