2019年12月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想

2019年12月1日

2019年12月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想

どうも。いわいです。

いよいよ2019年も終わりの12月が近づいてきました。

そこで、ちょっとギリギリになってしまいましたが、2019年12月の混雑予想をやってみます。

11月はやらなかったのは、どうかお許しください(苦笑)

ちなみに、画像はインディジョーンズですが、特に意味はありません。

個人的には大好きなアトラクションですが、12月はお休みになってしまいます。

それでは12月の混雑予想、早速いってみましょう。

2019年12月のディズニーシーの混雑予想

今回もディズニーシーからスタートです。

お世話になるのは、毎度おなじみ「ディズニーランドディズニーシー混雑予想カレンダー」様のリアルタイム待ち時間です。

2018年12月のディズニーシーの混雑はどうだった?

まずは2018年12月のディズニーシーの混雑がどうだったのか振り返ってみましょう。

ちなみに、2018年のイベントスケジュールは以下のとおりでした。

・ディズニー・クリスマス:11月8日(木)~12月25日(火)

あとは、12月31日がニューイヤーズ・イヴです。

では、実際の2018年12月の混雑状況を振り返ってみましょう。

2018年12月のディズニーシーリアルタイム待ち時間

5日がゼロになっているのは、データ取得に失敗したようですので、この日は無視してください。

土日は分かりやすく混雑しています。

ただ、11月よりは混雑していません。

やはり寒くなってきたことが大きく影響したものと思われます。

また、13日から平日でも混雑の度合いが大きくなりはじめ、最終週には赤い日が続いています。

これは学生が徐々に冬休みに入っていったことが理由でしょう。

そして、7日が平日では浮いた形で赤くなっていますが、これはディズニーランドが貸し切り営業の影響で18時までになっていたため、ディズニーシーに流れてきたことが原因と思われます。

2019年12月のディズニーシーの混雑予想

それでは、2019年12月のディズニーシーの混雑は一体どうなるのか、予想してみましょう。

まずはイベントのスケジュールの確認から。

・ディズニー・クリスマス:11月8日(金)~12月25日(水)

あとは31日がニューイヤーズ・イヴ。

イベントとしては、2018年と特に大きな変化はありません。

2018年との大きな違いと言えば、ソアリン・ファンタスティック・フライトのグランドオープンです。

2019年はソアリン開業以来、ずっと2018年より混雑した状況が続いています。

ですので、2018年よりも混雑することを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

休止するアトラクションが2018年はレイジングスピリッツでしたが、2019年はインディジョーンズになります。

ここは混雑状況に大きな影響は与えないと思います。

そういえば、天皇誕生日が移動したことで3連休がなくなりました。

これも全体で見れば、さほど大きな影響は与えないと思います。

12月下旬になれば、平日でもそこそこ混雑し始めているからです。

そして、最大のポイントは、7日、8日、28~30日が年パス使用不可日に指定されていること。

これがどれだけの影響を与えるかではないでしょうか。

平日に行くとすれば12月の前半、土日に行くのであれば12月の後半が狙い目となりそうです。

土日に行くことを考えている人は、クリスマスについてはいつでも混雑していることを覚悟しておきましょう。

なお、12月6日(金)は貸し切りのため、通常の営業時間は18時までとなっております。

2019年12月のディズニーランドの混雑予想

続いてはディズニーランドの混雑予想です。

その前に、2018年12月のディズニーランドの混雑がどうだったのかを振り返ってみましょう。

2018年12月のディズニーランドの混雑はどうだった?

まずは2018年12月のイベントスケジュールの振り返りから。

・ディズニー・クリスマス:11月8日(木)~12月25日(火)

あとは、12月31日がニューイヤーズ・イヴです。

これはディズニーシーと同じです。

では2018年12月のディズニーランドの混雑状況を見てみましょう。

2018年12月のディズニーランドリアルタイム待ち時間

特に前半の土曜日はディズニーシーを上回る混雑となっています。

さすがは35周年イヤー。

超盛り上がりましたからね。

ただ全体的にはディズニーシーより若干混雑指数が低くなっています。

2019年のディズニーランドの混雑予想

2019年のディズニーランドは、35周年イベントの終了以降、2018年より混雑が緩和しています。

そのため、2018年12月よりも混雑指数は低くなると予想しています。

やはり狙い目になるのは、前半の平日。

後半になるにつれて学生が冬休みに入り、平日も混雑指数が上がってきます。

またディズニーシーと同様に土日の混雑は避けられないでしょう。

運営休止中だったスペースマウンテンが12月21日から戻ってきますので、その影響でアトラクション好きの学生はシーよりもランドに集まるかもしれません。

12月最終週だけは、昨年よりも混雑指数が低くならない可能性もありそうです。

ただ、ディズニーシーの際に書いたとおり、7日、8日、28~30日が年パス使用不可日のため、ある程度の混雑は緩和されるかもしれません。

まとめ

以上『2019年12月のディズニーランド・ディズニーシー混雑予想』でした。

いかがでしたか?

いよいよ2019年も終わりが近づいてきました。

2020年はディズニーも大きな変化を迎えます。

その前に2019年のディズニー締めを楽しんでください。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら