ディズニーランドに年1回しか行けない人のパークの回り方

ディズニーハロウィーンのパレード

どうも。いわいです。

皆さんは、2019年に何回ディズニーランドに行きましたか?

私は9月に行った1回のみ。

ディズニーシーには2回行きましたので、パークという括りで言えば合計3回行きました。

しかし、ある事実に気づかせてくれたのが下の動画です。

私は舞浜まで電車で1時間圏内に住んでいますから、ぶっちゃけいつでも行けるのですが、大半の人はそうではありません。

多くの人は年1回とか、数年に1回みたいなことになるのでしょう。

確かにそうですよね。

私はアトラクションに乗るのが好きですから、1年に何回も行きますが、圧倒的多数の人はそんな人ではないことをついつい忘れてしまっていました。

そう考えると、たまにしか行かない人にとってもっと役に立つ情報をお伝えしなければなりません。

そこで、今回は上の動画を参考にしつつも、軽く突っ込みを入れながら、ディズニーランドをどのように楽しめばよいかを考えてみたいと思います。

年に1回のディズニーランドの楽しみ方はそれでいいの?

上の動画で紹介されていた年1回のディズニーランドの楽しみ方は次のとおりです。

①絶叫アトラクションに乗る
②空いている人気アトラクションに乗る
③ケースでポップコーンを買う
④朝ご飯はミッキーワッフル
⑤ファストパスを取ったアトラクションに乗る
⑥お昼ご飯は大好きグルメ
⑦ミッキーさんに逢いに行く
⑧期間限定のパレードを見る
➈カリブの海賊に乗ってから、ブルーバイユーレストランに行く
⑩エレクトリカルパレードを鑑賞する
⑪シンデレラ城前で花火を見る
⑫最後を飾るのはスプラッシュマウンテン

そもそもなぜ今回の記事を書こうと思ったかというと、私はこの楽しみ方にいくつかの疑問を持ったからです。

おそらく、この12個はYoutuberさんが”自分が年1回行くとしたら”という仮定のもとに作成したリストだと思います。

しかし、本当に年1回しか行けない人にとっては、この楽しみ方を実行するだけのリテラシーがあるかどうかが疑問です。

だからこそ、もっと大切なことを指摘してあげなければいけないと思います。

パークに入って最初にすることは「ファストパスを取ること」

この動画に疑問を抱いたのは、「入園してまず初めに何をする?」という質問に対して、「①絶叫アトラクションに乗る」という回答が出てきたことでした。

これは絶対に違います。

入園して最初にすべきことは、絶対に「ファストパスを取ること」です。

ファストパスを取らなければ、パークを楽しむことはできません。

この後もたびたびかくことになりますが、ディズニーランドを本気で楽しみたいのであれば、楽しむための準備の方が大事だったりします。

ファストパスは、人気アトラクションを楽しみたいのであれば必須アイテムとなります。

ファストパスはスマホ化しましたから、スマホでファストパスを取れるようにしておくこともマストです。

そして、事前にどのアトラクションのファストパスを取るかを決めておくこと。

パークインした瞬間にファストパスを取れるようにすべてを準備しておかなければ、1日の予定がぶっ壊れる可能性すらあります。

そもそも人によって、事前にスケジュールを立てておくか、立てないで流れに任せるかという点でも意見が分かれるところでしょう。

私個人は、事前にスケジュールを立てておく派なので、ファストパスを取る順番と午前中のスケジュールくらいは決めておいたほうがよいと考えています。

最初のアトラクション選びは入園時間次第

また、最初に「絶叫アトラクションに乗る」と紹介していますが、これは開園前から30分以上並ぶことができる人なら良いかと思います。

しかし、中には開園時間には間に合わず、開園してからパークに到着する人もいるでしょう。

となると、絶叫アトラクション=人気アトラクションですから、それ相応の待ち時間が発生します。

いきなり1時間以上の待ち時間ともなれば、手痛いタイムロスとなりかねません。

また、朝のパレードを見逃す危険性すらあります。

よって、より多くのアトラクションに乗りたいのであれば、絶叫アトラクション以外に行くことも考えるべきです。

紹介されている楽しみ方は、万人に当てはまるものではないことを理解しておきましょう。

パーク内での食事回数は極力減らす

今回紹介されている楽しみ方では、パーク内で朝昼晩の3食を食べることにしています。

しかし、パーク内のレストランは、非常に混雑します。

特に繁忙期は、空いている座席を見つけることは困難を極めます。

また、最大で8時から22時の14時間をパーク内で過ごせるわけですから、レストランで食事をとることはアトラクションなどを楽しむ時間を削ることを意味します。

食事の回数が増えれば増えるほどアトラクションなどを楽しむ時間が増えます。

朝昼晩だけに限らず、さらにスイーツも食べたいとなれば、ますますアトラクションの時間がなくなります。

もちろん、食事・スイーツもパークでの楽しみとするのであればよいのですが、個人的には食事はどこでも楽しめるもの。

ディズニーランドでしか味わえないのはアトラクションであり、パレードだったりするわけですから、そちらを楽しんだほうがよいのではないかと思っています。

また、「➈カリブの海賊に乗ってから、ブルーバイユーレストランに行く」とさらっと書いてありますが、予約が必要なレストランは、時間を縛られるため、パーク慣れしていない人やアトラクションを楽しみたい人には不向きかもしれません。

「③ケースでポップコーンを買う」も慣れていない人だと危険です。

混雑日のポップコーン購入でさえ、何十分と並ばなければならないことがあります。

スケジュールを事前に立てるなら、待ち時間がどれくらいかかるかも予想しながら考えましょう。

まとめ

以上『ディズニーランドに年1回しか行けない人のパークの回り方』でした。

いかがでしたか?

とにかく大切なことは、パークを楽しむためには事前準備をしっかりしておくことだと個人的には思っています。

ディズニーランドは初心者には決して易しくありません。

ネットなどでしっかりと情報を集めてからパークへ行き、存分に楽しんでください。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら