初心者のための一人ディズニーの楽しみ方。男女関係なし!

初心者のための一人ディズニーの楽しみ方。男女関係なし!

どうも。いわいです。

最近は、一人焼肉や一人カラオケなど、一人でいろいろなことを楽しむ人が増えてきました。

その一人〇〇の最高峰とされるのが、一人ディズニー。

ディズニーランド、ディズニーシーといえば、友達や家族と一緒に行くのが当然と考える人が圧倒的に多いはず。

しかし、最近のパークを見ると、一人で来ている人が多いことに気づきます。

かくいう私も、一人ディズニー愛好家。

ここのところ、一人でしか行ってません。

なんだか寂しそうと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、一人だからこそグループで行くより思う存分パークを満喫できるのです。

そこで今回は、すでに一人ディズニー歴10回を超えた私が、初心者の方に向けて、一人ディズニーの楽しみ方をご紹介します。

一人ディズニーの楽しみ方

「一人でディズニーに行って、どうやって楽しめばよいのだろう?」

そんな疑問を抱いている方は、少なからずいるのでしょう。

結論から言いますと、「好きなことをしてください」。

以上です(笑)。

ディズニーランド・ディズニーシーにグループで行って、「本当はこれには乗りたくない」とか「本当はあれを見たい」とか「今はまだ食事は食べたいと思わない」とか、本意ではない行動をとらざるを得なかった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

これは、グループで行くからこそ生じる不満です。

だったら、一人で行ったときには、とことん自分がやりたいことをやる。

それだけなのです。

グループで一緒に行く人はいませんから、気を遣う必要は全くありません。

また、周囲の人を気にする必要もありません。

周囲の人は、ディズニーランド・ディズニーシーを楽しみに来たのであって、あなたを見に来たわけではありません。

だから、一人だからという周囲の視線など全く気にすることはないのです。

最近では、外国人観光客が増え、しかも一人で来園している人もいます。

一人ディズニー最大の障壁は、あなたの心の中にあるのです。

何かを気にして、あなた自身がブレーキをかけているだけ。

もう誰の目も気にすることはありません。

今こそ自分の本当の心を解き放ちましょう。

一人ディズニーのメリット1 好きなことができる

一人ディズニーには、実に大きなメリットがあります。

それは、先にも書きましたが、好きなことが好きなようにできます。

アトラクションに乗る、レストランで食べる、ショーを見る。

自分のやりたいことをやりたいようにやれます。

そこには、誰からの制約も受けません。

スケジュールを決めて、実行するのはあなただけです。

試しにスケジュールを作ってみると、いかに自由にパークを楽しむことができるかが分かるはずです。

一人ディズニーのメリット2 行きたいときに行ける

グループでディズニーランド・ディズニーシーに行くと、パーク内での行動にどうしても制約が出てくることはここまで述べてきました。

一人ディズニー最大のメリットは、自分が「ディズニーに行きたい!」と思ったら、すぐに行けることです。

「ディズニーに行きたい!」とテンションが上がったにもかかわらず、友達とのスケジュールがなかなか合わず、結局決まったのが1ヶ月先といった経験をしたことのある人も多いはず。

しかし、一人ディズニーなら、「ディズニーに行きたい!」と思ったら、今週行けばいいのです。

テンションが高いときにこそ、パークを楽しみたいじゃありませんか。

グループだと思うように行かないことがありますが、一人なら関係ありません。

行きたいときに行く。

これに尽きます。

一人ディズニーのデメリットは待ち時間と写真撮影

一人ディズニーにデメリットがあるとすれば、一つは待ち時間です。

長時間の待ち時間の場合、グループであれば誰かが場所を取っていてくれますから、安心してその場を離れることができます。

しかし、一人だとそういうわけにはいきません。

朝一やショーなどで、レジャーシートを敷いて待てる場合なら、周囲の人にお願いすれば、場所は確保し続けられるでしょう。

しかし、雨の日やアトラクションなどの立ちでの待ち時間では、レジャーシートを敷くことができませんから、さすがに周囲の人に場所の確保をお願いするのは難しいです。

そのため、トイレが近い傾向のある人だと、ちょっと厄介な場面に遭遇してしまうかもしれません。

もう一つのデメリットは、写真撮影です。

グループで行けば、みんなで写真を撮ることができます。

しかし、一人で行く場合、自分の含めた風景を撮影するには自撮りにならざるを得ません。

誰か他のゲストの人に写真をお願いする勇気があるかどうかです。

また、女性であれば、パーク内のフードをシェアできなくなるというのはデメリットかもしれません。

グループで行けば、自分が頼んだもの以外のフードをみんなでシェアして、いろいろな味を楽しめますが、一人であれば、自分で頼んだものだけを食べることになります。

これらのデメリットも、何度か一人ディズニーを経験すれば、乗り切り方が分かってきます。

何事も経験です。

一人ディズニーはアトラクション派にはうってつけ

そもそもなぜ私が一人ディズニーに行こうと思ったかというと、それは私を連れて行ってくれた後輩たちが、ショーも好きだったことです。

ショーやパレードにはあまり興味のない私としては、もっとアトラクションに乗りたいという欲求が高まるのは当然のことでした。

アトラクション派にとってさらにうれしいことは、シングルライダーの存在です。

シングルライダーとは、偶数席のアトラクションのライドが奇数人数グループの場合、1つ座席が余りますから、余った座席を1人のゲストに優先的に開放する仕組みです。

シングルライダーを実施しているアトラクションは、以下のとおりです。

・スプラッシュマウンテン
・インディジョーンズ
・レイジングスピリッツ

また非公式ながら、ビッグサンダーマウンテンがシングルライダーを実施中という情報があります。

これは、現在スプラッシュマウンテンが長期の運航休止中のため、臨時の対応ではないかと考えられます。

また、以前はタワーオブテラーもシングルライダーを実施していました。

その名残か、たまに「お一人の方はいますか?」と待っている列の方にキャストが声をかけてくることがあり、早く乗れる場合があります(1回経験あり)。

朝のパーク開園前から並び、ファストパスを取りまくり、そしてアトラクションに乗りまくる。

ディズニーの公式アプリを見ながら、待ち時間の短いアトラクションを探し、パーク内を縦横無尽に動きまくるのはとても楽しいです。

誰かに気を遣って、アトラクションを決める必要はありません。

同じアトラクションに乗りまくるなんてこともできます。

グループで行くと、同じアトラクションに乗ることはそうそうないのでは?

大好きなアトラクションに何回乗っても、誰も文句は言いません。

とにかく自分の好きなようにアトラクションを選んで乗りまくりましょう。

一人ディズニーでショー・パレードを楽しむ

グループでディズニーに行くと、本当はショーやパレードをもっと見たいという人が多いかもしれません。

グループで行くと、アトラクションを楽しみたいという人が多数派となり、なくなくショーやパレードを我慢するなんてこともあるのではないでしょうか。

下手すると、スペースマウンテンには怖くて乗れないので、友達はみんなで乗りに行って、一人だけ待っているなんて経験をした人もいるのでは?

それならば、一人でディズニーに行ってみてはいかがでしょうか?

ショーやパレードを見まくり、キャラクターとのグリーティングを楽しむ。

ひっきりなしにアトラクションに乗りまくるのではなく、ディズニーの世界観に浸るべく、ショー・パレード・グリーティングを中心にした回り方をしてみるのも、一人ならではの楽しみ方です。

一人ディズニーでパークの雰囲気を楽しむ

ディズニーの魅力は、アトラクション、パレードだけではありません。

そもそもパーク自体が素晴らしい。

散歩がてらに行くだけでも、十分に楽しむことができます。

その作りこまれたパークの雰囲気に包まれるだけで、幸せに感じられる人もいるでしょう。

まだ行ったことのないルートを歩いてみたり、ショップに入ってみたりすると、これまでに気づかなかった発見があるかもしれません。

パーク内を散策していれば、いろいろな風景を写真に納め、家に帰ってからも楽しむことができます。

さらには、自分の行きたいタイミングでショップに入り、お土産やアイテムを買ったり、レストランでフードを食べたりできます。

要するに、最初にも言いましたが、一人ディズニーの楽しみ方は、とにかく好きなこと・やりたいことを好きなように・やりたいようにやるだけです。

あなたを止める人は誰もいません。

せっかくパークへ行くのですから、思う存分楽しみましょう。

まとめ

以上『初心者のための一人ディズニーの楽しみ方。男女関係なし!』でした。

いかがでしたか?

確かに一人ディズニーは、最初はハードルが高いかもしれません。

しかし、一度やってみると、その魅力にやみつきになること間違いなし。

ぜひ一度、試しに一人でパークへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら