ディズニーランド・シー2019-20年の年末年始9連休の混雑予想

ディズニーランドディズニーシー2019年-20年混雑予想

どうも。いわいです。

昨日が2019年の仕事納めだった人も多いのではないでしょうか?

私もその一人。

ようやく一息ついて、束の間の休日を楽しもうと思っております。

そうは言っても、帰省に親戚回りで落ち着くこともできませんが(苦笑)。

ところで、今年の年末年始と言えば、ゴールデンウィークやお盆に次ぐ9連休という大型連休になる人も多いことでしょう。

大型連休であれば、ディズニーランド・ディズニーシーへ遊びに行く絶好のチャンス。

そこで今回は、年末年始の9連休がどのくらいの混雑になるのかを直前予想してみたいと思います。

ディズニーランドの年末年始混雑予想カレンダー

まずはディズニーランドの年末年始の混雑予想カレンダーからご紹介します。

2019-20年末年始ディズニーランドの混雑予想カレンダー

真っ赤です。

ズバリ混雑するという予想となります。

ディズニーシーの年末年始混雑予想カレンダー

続いてディズニーシーの年末年始の混雑予想カレンダーです。

2019-20年末年始ディズニーシーの混雑予想カレンダー

年末は混雑どころか大混雑。

下手すると入場制限の可能性もあるのではないかと予想しています。

ディズニーランドの年末年始混雑予想の解説

ここからは上記のような年末年始の混雑予想になった理由を解説していきます。

まずはディズニーランドの年末から。

ディズニーランドの年末は大みそかを除き混雑する

年末は28日から31日まで4日間ありますが、28日から30日までは混雑して、31日は閑散とするのが通例です。

すでにディズニー・クリスマスは終了していますが、学生と社会人が休暇に入ることから、クリスマスに近いレベルの混雑になります。

また、3連休以上では初日は一定レベルの混雑にとどまり、中日が大混雑するというのがいつものパターンです。

しかし2019年の場合、連休に入る前の27日がクリスマスの25日と同レベルで混雑していました。

となれば、28~30日の3日間は大混雑になる可能性が浮上してきます。

特に29日(日)はすでにチケットが完売。

12月14日(土)以来の入場制限になることも考えられます。

なお、31日は「ニューイヤーズ・イヴ」の営業を控えているため、17時までの営業となります。

営業時間が短い日はさすがに混雑しないのは大晦日も例外ではありません。

短時間でもよいので混雑していないディズニーランドを楽しみたい人にはちょうど良い機会となるでしょう。

ちなみに、大晦日のディズニーシーの営業終了時間は18時となっています。

両パークで終了時間が異なりますので、注意が必要です。

年始は最終日を除き基本的には混雑する

ディズニーランドの年始は、「東京ディズニーリゾートのお正月」というイベントを、2020年であれば5日間限定で実施しています。

お正月は基本的に混雑します。

2020年のピークは2日から4日になるでしょう。

天候次第では入場制限までは至らないものの、大混雑になる可能性さえあります。

天気が良ければ、いきなり入場制限になるかも。

連休最終日の5日以外は同レベルの大混雑になると予想しています。

ディズニーシーの年末年始混雑予想の解説

一方のディズニーシーは、ディズニーランドよりも混雑指数は高い傾向にあります。

年末年始それぞれ見ていくことにしましょう。

29日(日)は日付指定チケット売り切れのため要注意

ディズニーシーの年末年始の傾向は、基本的にはディズニーランドと同じです。

大晦日は営業時間が短いため、閑散とします。

ただ、28日から30日までは混雑するでしょう。

大混雑の可能性もあります。

特に29(日)、30(月)はすでに日付指定チケットが売り切れています。

チケットが売り切れていなかったはずの26(木)が混雑指数53まで達しました。

さらに、何もなかったはずの27(金)の混雑指数は59へと跳ね上がりました。

混雑指数59とは、あのダブル入場制限となった12月14日(土)の混雑指数62に次ぐ12月第2位となる高さです。

ということは、多くの会社が年末の休暇に入った28(土)、チケットが売り切れた29(日)、30(月)と3日連続で入場制限の可能性もあるほどの大混雑になる可能性が浮上しています。

28(土)、29(日)は天気も良くなりそうですから、大混雑必至です。

年始は連休最終日5(日)を除き天気次第で大混雑

年始の混雑指数予想については、ディズニーランドと同様、2020年1月の混雑予想としてすでに公開した数字がありますので、そちらをそのまま持ってきております。

が、正直なところ「間違えた」と後悔しております。

混雑指数40台で予想していましたが、天気次第で連日50台に達するのではないでしょうか。

なぜなら、現時点で2(木)、3(金)は日付指定チケットが残りわずかになるほどチケットが売れているから。

年末が混雑指数50台で推移すれば、その勢いで年始も50台をたたき出し続けるのではないかと思い始めています。

正直ここまでチケットが売れるとは予想していませんでした。

昨年は1月にチケット売り切れ日はありませんでしたから、傾向が若干変わったと言えそうです。

まとめ

以上『ディズニーランド・シー2019-20年の年末年始9連休の混雑予想』でした。

いかがでしたか?

かなり混雑するのではないかと個人的には予想しています。

混雑する日はそれなりの覚悟を持ってパークを訪れると、何かと諦めもつくものです(苦笑)

年末年始は混雑するものと理解した上で、どのようにパークを楽しむのか準備してから遊びに行ってみてください。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら