2019年5月4日ひとりディズニーシー実戦報告

2019年8月3日

2019年5月4日ひとりディズニーシー実戦報告

ついに2019年、最初のディズニーに行ってきました。

今年はディズニーシーのイースターからスタートです。

今回のディズニーシー訪問は、こんなことある?の連続でした。

5月4日に訪問日を決めるだけで1記事書けるほど、いろいろとあったのですが、今回はパーク内のことだけにとどめておきます。

まさかのセンターオブジアース停止

早朝、6時10分台にリゾートラインの車窓からディズニーシーのエントランスを見て、驚愕しました。

金曜日なら確実に手荷物検査のゲートより中に入れるのに、すでに行列が手荷物検査の外側まで伸びていたからです。

僕は平日に有給休暇を取って、混雑を回避して、たくさんアトラクションに乗りまくる楽しみ方をするタイプだったかけに、「これはヤバい日に来てしまった」というのが率直な感想でした。

開園まで1時間半以上もありますから、慌てて事前の朝一のスケジュールの練り直しです。

  • 8:15 トイストーリーマニア ファストパス取得
  • 8:20-9:00 センターオブジアース スタンバイ
  • 9:05-9:30 フランダーのフライングフィッシュコースター
  • 9:35-10:00 ブローフィッシュ・バルーンレース
  • 10:15 センターオブジアース ファストパス取得

今回のディズニーシー訪問でやりたかったのは、トイストーリーマニアとタワーオブテラーに乗ることと、そしてセンターオブジアースには2回乗ることでした。

ですから、朝一でトイストーリーマニアのファストパスを取ったあと、センターオブジアースにスタンバイで乗って、さらに2枚目のファストパスでセンターオブジアースを取るという作戦でした。

そして、2枚目のファストパス取得までの時間をミステリアスアイランド・マーメイドラグーン付近で移動距離を少なく楽しもうということで、2つのアトラクションを挟む予定だったのですが、行列を目の当たりにしたら、これは絶対無理だと悟りました。

金曜日なら楽勝なのに。。

ということで予定変更

  • 8:25 トイストーリーマニア ファストパス取得
  • 8:30-9:20 センターオブジアース スタンバイ
  • 9:25-10:05 フランダーのフライングフィッシュコースター
  • 10:25 センターオブジアース ファストパス取得

これで行けるのだろうか、一体どうなるだろうかといろいろ考えながら、開園を迎えます。

すると、なんと7時55分開園のアナウンスが。

こりゃ、ヤバいかも。

開園と同時に猛ウォークで(ダッシュではない)トイストーリーマニアのファストパスへ。

すると、明らかにいつもより手前で列が詰まりました。

焦りつつも、徐々に前へ進み、8時20分にファストパスを取得。

急いでセンターオブジアースへ。

すると、待ち時間70分の文字が。

金曜日だと10分~15分で乗れるのに。。

ただ、どうしてもセンターオブジアースに乗りたいので、スタンバイの列に並ぶことにしました。

センターオブジアースの中

並び続けてしばらくして、上の写真のあたりまでやってきました。

8時52分のことです。

突然照明が灯り、「安全確認のため運転を見合わせる」とのアナウンスが。

ざわめく通路内。

せっかく並んだのに。。

ただ、出口で「優先入場整理券」を配ってくれるとのこと。

優先入場整理券

初めてもらいました。

確かにこの紙を持っている人を見かけたことがあります。

「あれは何だろう?」と思ったものですが、ついに正体が判明しました。

トイストーリーマニア以外には使えるそうです。

後でこの優先入場整理券に助けられることになります。

驚愕のシングルライダー

9時を過ぎてもまだ何もアトラクションに乗っていない。

金曜日のひとりディズニーシーではありえないことです。

どうしようか悩んだ挙句、次に乗る予定だったフランダーのフライングフィッシュコースターへ移動しました。

ところが、まさかの40分待ち。

イメージしていたより待ち時間が長いです。

これはダメだということで、いきなり最後の切り札、インディジョーンズのシングルライダーを利用することにしました。

インディジョーンズのシングルライダーレーンを通り抜けると、乗車口に到着すると、あれ?

乗車口手前の階段に多数の人の列が。

「えっ!?」

思わず大きな声が出てしまいました。

階段を降りれないほどの列ができていることなど初めてです。

数えてみたところ、9人が並んでいました。

下手したら、乗車口に到着した瞬間、「シングルライダーの方、どうぞ~」と呼ばれたこともあったので、こんなことになるとは夢にも思いませんでした。

ひとりディズニーの立ち回りの切り札、シングルライダーすら封じ込まれたと思いました。。

しかし、ありがたいことに待ち時間15分で乗車。

ようやく本日最初のアトラクションにありつけました。

次のファストパスまで45分ありましたので、行ったことのなかったザンビーニ・ブラザーズ・リストランテへ行って、ボロネーゼとフリットを食べました。

これは普通に美味しかったです。

致命的な2枚目のファストパス取得ミス

さて、いよいよ2枚目のファストパスの時間ですが、センターオブジアースが止まってしまったので、その次に乗りたいタワーオブテラーのファストパスを取りました。

しかし胸騒ぎがして、スマホを見ると、センターオブジアースのファストパスが発行され続けている。

嫌な予感がしつつ、次はレイジングスピリッツに乗ろうと思い、ミステリアスアイランドを通るついでに、センターオブジアースを覗いてみました。

すると、どうやら20分前くらいに復旧していたようです。

やらかしました。

もっと早くスマホをチェックしておけば、当初の予定通りにいけたのに。

この日最大のやらかしです。

これが最後まで尾を引きました。

そして、ここで優先入場整理券を使ってセンターオブジアースに乗ることにしました。

動いているうちに乗った方がよいと判断したからです。

ただ、センターオブジアースの2回目をどうしようか、その後もずっと悩みながら過ごし続けることになります。

驚愕のシングルライダー(2回目)

無事センターオブジアースに乗車できたことで、心に若干の余裕ができ、意気揚々とレイジングスピリッツへ向かいました。

レイジングスピリッツはインディジョーンズに比べ回転が悪く、シングルライダーでも乗車に時間がかかります。

先ほどのインディジョーンズの経験もあり、覚悟して向かいました。

しかし、レイジングスピリッツのシングルライダーは、想像をはるかに超えていました。

もはや人数を数えられません。

「なぜこんな場所まで列ができているの?」という長さです。

結局、乗車できるまで30分はかかりました。

ここまで時間がかかったのは初めてのことです。

これならファストパスの方が早いです。

その後は、トランジットスチーマーラインでパーク内を1周。

こちらは、まさかの5分待ち。

景色を満喫した後、パーク内を散策。

普段ならこんなことめったにやりません。

各アトラクションの待ち時間が長いゆえに、どれに乗っていいのか、よく分からない状態に陥っていました。

その後、12時20分にマーメイドラグーンシアターのファストパスを取るという普段ならあり得ない選択をして、再びインディジョーンズへ。

困ったときはインディジョーンズです。

先ほどよりシングルライダーで待っている人は少なくなっていました。

朝一だから混雑していたのでしょう。

天候が一変

その後は、シンドバッド・ストーリブック・ヴォヤッジに15分待ちで乗車。

これも普段なら乗りませんけど、空いているアトラクションを探して乗っていたような状況です。

次は14時からマーメイドラグーンシアターなので、ソアリンの出来具合を確認してから、アリエルのプレイグラウンドで一休み。

朝から歩きっぱなしでしたから、疲れて仕方がありませんでした。

暑かったこともあり、直前にコカ・コーラを買っておいて、少しリフレッシュ。

そして、キングトリトンのコンサートを見終わって、外へ出ると景色が一変。

思い切り曇っています。

あら?

雨が降りそう。

今日の降水確率は0%だったはずなのに。

慌ててスマホで天気予報をチェックすると、夕方の降水確率が90%という驚愕の展開に。

0%だから折り畳み傘を持ってこなかったのに、まったくの予想外でした。

トイストーリーマニアの悲劇

16時になると、待ちに待ったトイストーリーマニアの乗車時刻です。

前回は18万点超えを果たしましたので、今回はいよいよ20万円超えが目標です。

高得点を取る方法は頭にバッチリ叩き込んできたので、あとは実践するのみ。

勇んで立ち向かった結果、165,500点。

撃沈。

もはや悲劇です。

ステージ1は2万9000点くらいで、悪くないかなと思いました。

しかし、ステージ2で火山の溶岩が撃ち落とせず、撃沈。

ステージ3では両サイドで飛び出す皿を3回目でようやく撃ち落としたしたものの、高得点の皿を撃ち落とし損ね、点数を伸ばせず。

ステージ4ではリトルグリーンメンすべてに輪っかをくぐらせることができず、こだわりすぎて、5000点のロケットに一度も輪っかをくぐらせずに、まったく点数が伸びず。

ここで終了です。

ステージ5もまったくダメ。

大惨敗です。

センターオブジアースのファストパスの一件で打ちひしがれていた心に追い打ちをかけるような出来事になりました。

驚愕のシングルライダー(3回目)

タワーオブテラーでなんとか心を立て直した後、30~40分程度の待ち時間でいろいろなアトラクションに乗り続けました。

そして、最後の締めくくりはどうしようかと考え、レイジングスピリッツ、インディジョーンズ、海底2万マイルで行こうと決めました。

まずはレイジングスピリッツに19時35分。

シングルライダーの列は、1回目に比べて短いです。

しかし、全然進まない。

結局30分も待つ羽目に。

そして、インディジョーンズに着いたのが20時13分。

乗車口の人数はどのくらいに減っているのかな、・・・あれ?

乗車口に行けない!

待っている人が多すぎる!

朝一のときより多い!

なぜ?

夜はファストパスもなくなって、スタンバイに並ぶよりはグループでシングルライダーを使ってしまおうと考えた人が多かったのでしょうか?

よく分かりませんが、インディジョーンズで30分待つことになるとは夢にも思いませんでした。

そして最後は海底2万マイルが20分待ち。

作り込みが素晴らしいので、僕は個人的には好きで、シーに来たら必ずといっていいほど乗っています。

あとは、景色の写真を撮って、おしまい。

疲れました。

総歩数3万8000歩の大旅行となりました。

思い残すことはありますが、ぶっちゃけ近いのでいつでも来れます。

10連休の最終盤で良い思い出が作れたと納得して、帰路につくのでした。

まとめ

以上『2019年5月4日ひとりディズニーシー実戦報告』でした。

いかがでしたか?

以下、改めて今回の訪問で乗ったアトラクション全15個です。

  • インディジョーンズ
  • センターオブジアース
  • レイジングスピリッツ
  • トランジット・スチーマーライン(アメリカンウォーターフロント発)
  • インディジョーンズ(2回目)
  • シンドバッド・ストーリブック・ヴォヤッジ
  • マーメイドラグーンシアター
  • トイストーリーマニア
  • タワーオブテラー
  • ブローフィッシュバルーンレース
  • アクアトピア
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
  • レイジングスピリッツ(2回目)
  • インディジョーンズ(3回目)
  • 海底2万マイル

振り返ってみれば、よい経験にもなりました。

今まで混雑日を避けた立ち回りをしていましたから、本当の意味での立ち回りが身についていなかったということです。

まだまだ未熟者でした。

今年は土曜日メインに訪問しようと計画しています。

次回は6月か7月。

再びディズニーシーになるでしょう。

楽天マガジンなら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら