ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング2019年7月版

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング2019年7月版

どうも。いわいです。

みなさんは、ディズニーシーへ行ったら、何をやって楽しみますか?

ショーやパレードを見て楽しむもよし。

レストランで美味しい食べ物を食べるもよし。

外国に来たような景色を眺めるもよし。

でも、ディズニーシーへ遊びに行ったら、やっぱりアトラクションを楽しみたいですよね。

アトラクションを楽しむとなると、気になるのはやっぱり待ち時間ではないでしょうか?

ディズニーシーといえば、超人気アトラクションがあるテーマパーク。

どうしても待ち時間が長くなりがちです。

しかし、待ち時間の目安があらかじめ分かっていれば、スケジュールを組み立てやすくなりますし、どのような順番で攻略すればよいかの目安にもなります。

そこで今回は、少しでも多くの人の参考になればということで、ディズニーシーのアトラクションの待ち時間を調べ、ランキング形式でご紹介していきます。

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキングの集計方法

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキングの集計方法は、当ブログ御用達「ディズニーランドディズニーシー混雑予想カレンダー」様のリアルタイム待ち時間の過去データを使用させていただきます。

こちらのサイトでは、毎日のディズニーシーのリアルタイム待ち時間が下の図のように各時刻ごとにデータ化されています。

ちなみに、下の図は2019年7月31日のディズニーシーの各アトラクションの待ち時間です。

2019年7月31日のディズニーシーリアルタイム待ち時間

各アトラクションごとに待ち時間が集計されている一番下に「平均」があります。

今回のランキングは、この平均の値を2019年7月の1ヶ月分を集計し、平均の待ち時間が長い順にランキング化したものとなります。

アトラクションにプラスして、いくつかのグリーティングも含まれております。

また、7月はシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジが運行休止だったため、ランキングには含まれておりません。

それでは行ってみましょう。

あなたの気になるアトラクションの順位は一体何位でしょうか?

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング1位~3位

1位 ソアリン:ファンタスティック・フライト(204分)

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング1位は、ソアリン:ファンタスティック・フライトでした。

7月23日にグランドオープンしたばかり。

海外のディズニーでは人気を誇っていたとの前評判があったからでしょうか、連日の大盛況ぶり。

あとトイストーリーマニアよりファストパスが早くなくなり、待ち時間も長くなるという偉業を成し遂げています。

さらに、パークの朝一の導線がトイストーリーマニア一色だったところから、トイマニとソアリンに分散させることにも成功。

出だしとしては、大成功と言えるのではないでしょうか。

私も含め、まだソアリンに乗ったことのない人もたくさんいるはず。

そんなあたなは、ぜひ次のエントリーを読んで、次回行くときにはソアリンに乗ってください。

2位 トイストーリーマニア(103分)

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング2位は、トイストーリーマニアでした。

ソアリンのグランドオープン直後ということもあり、1位を譲った格好です。

待ち時間も103分とは随分短いと思いましたが、それもそのはず。

7月といえば、1年間で最も混雑しない閑散期にあたります。

そのため、トイストーリーだけでなく、多くのアトラクションの待ち時間が短くなっているのでしょう。

それにしても、1位はソアリンに譲ったとはいえ、それでも超人気アトラクションであることに変わりはありません。

そして、ファストパスがすぐになくなる状況も以前と変わりません。

ソアリンと合わせて、うまく攻略しなければ、なかなか両方に乗ることはできないでしょう。

3位 センターオブジアース(77分)

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング3位は、センターオブジアースでした。

ディズニーシーのシンボルとも言えるプロメテウス火山を豪快に走る、ディズニーリゾート最速のアトラクションです。

正直なところ、ディズニーリゾート内にはソフトなアトラクションが多いですから、爽快感と浮遊感を味わえるセンターオブジアースの人気が高いのは当然とも言えます。

私もセンターオブジアースは必ず乗りますし、できれば2回乗れるようにします。

そもそも休止期間中にディズニーシーに行ったことがないほどです。

堂々3位にランクインです。

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング4位~10位

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング、続いて4位から10位です。

ここからは一挙にご紹介していきます。

4位 インディジョーンズ(63分)
5位 レイジングスピリッツ(58分)
6位 ダッフィーグリーティング(53分)
7位 ミッキーグリーティング(51分)
8位 プラザグリーティング(51分)
9位 タワーオブテラー(49分)
10位 ヴィレッジ・グリーティングプレイス(シェリーメイ)(49位)

特徴としては、ファストパス系アトラクションとグリーティングが並んでいます。

ファストパス系アトラクションとして、インディジョーンズ、レイジングスピリッツ、タワーオブテラーがランクインしていますが、タワーオブテラーがこの3つの中で最もランクが低いとは意外でした。

確かに最近リアルタイム待ち時間をチェックしていると、タワーオブテラーの待ち時間が短くなってきているように感じていました。

ただ、インディジョーンズとレイジングスピリッツより短くなっているとは思いもしませんでした。

好き嫌いがはっきりと分かれそうなアトラクションですからね。

実際、会社の後輩でも乗れないと言う後輩は何人もいました。

それから、グリーティングが4つもランクイン。

グリーティングにはファストパスがありませんから、スタンバイに並ぶしかありません。

それにしても、ダッフィーが1番人気なんですね。

ロストリバーデルタの「サルードス・アミーゴス!」のはず。

さらなる驚きが、プラザグリーティング。

入口付近のグリーティングだと思いますが、こんなに上位にランクインするほどのものだとは知りませんでした。

何やらミッキーやミニーが登場するようで、それが人気の理由なのでしょう。

ちなみに、グリーティングに関するコメントがあやふやな理由は、私が完全無欠のアトラクション派だから。

グリーティング経験は、約20回のパークインで、わずか1回きり。

後輩に連れられディズニーシーにやってきたときに、ミッキーと一緒に写真撮影したのみです。

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング11位~20位

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング、続いては11位から20位です。

11位 アラビアンコーストグリーティング(43分)
12位 ミニーグリーティング(42分)
13位 ドナルドグリーティング(42分)
14位 アリエルグリーティング(41分)
15位 マジックランプシアター(31分)
16位 ニモ&フレンズシーライダー(30分)
17位 海底2万マイル(26分)
18位 マーメイドラグーンシアター(26分)
19位 タートルトーク(23分)
20位 ヴェネツィアン・ゴンドラ(22分)
20位 フランダーのフライングフィッシュコースター(22分)

グリーティング強し。

11位から14位まではグリーティングが独占。

ここまでにディズニーシー内のグリーティングはすべてランクインしました。

やっぱりキャラクターと記念写真を撮影できることは、ゲストにとって思い出に残ることなのでしょう。

集計結果を見て、改めて自分が一般的なディズニーファンとズレていることを認識した次第です(笑)

15位から18位には、残りのファストパス系アトラクションがランクイン。

この結果から、これら4つは無理をしてまでファストパスを取るアトラクションではないとお分かりいただけるのではないでしょうか?

夜になれば待ち時間が短くなりますから、どうしても乗りたい場合以外はファストパスを無理して取る必要はありません。

そして、タートルトーク、ゴンドラ、フライングフィッシュコースターが続きます。

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング22位以降

ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング、20位が2つありましたので、22位以降になります。

22位以降は一気にいきましょう。

22位 ブローフィッシュ・バルーンレース(20分)
23位 ワールプール(17分)
24位 アクアトピア(17分)
25位 スカットルのスクーター(15分)
26位 ジャスミンのフライングカーペット(13分)
27位 トランジットスチーマーライン(ロストリバーデルタ発)(12分)
28位 エレクトリックレールウェイ(アメリカンウォーターフロント発)(12分)
29位 トランジットスチーマーライン(アメリカンウォーターフロント発)(12分)
30位 エレクトリックレールウェイ(ポートディスカバリー発)(12分)
31位 ジャンピンジェリーフィッシュ(12分)
32位 トランジットスチーマーライン(メディテレーニアンハーバー発)(10分)
33位 フォートレスエクスプロレーション(5分)
34位 カルーセル(5分)
35位 ビックシティ・ヴィークル(5分)

あまり人気がないと思われるアトラクションと移動系アトラクションがずらり。

乗ってみると、意外と面白かったりするんですけどねぇ。

ブローフィッシュ・バルーンレースは、私はディズニーシーに行くたびに乗っています。

乗ってみると、意外と速いことに気づかされます。

時間が短いため、スリルは少し物足りなさがありますが、それでも十分なレベルです。

アクアトピアは、回転が良いためのこの順位にいるのでしょう。

面白さは言うまでもありません。

ジャスミンのフライングカーペットは、自分で高さは角度をハンドルで調整できます。

以前、私の後ろに乗った女子校生がおそらく仕組みを知らなかったのでしょう。

私の上下の操作でキャーキャー言っており、降りた際には「意外と面白かったー」と言って去っていきました。

まさか前に座っていたおっさんが操作していたとは。

カルーセルは、世界でも珍しい2階建てです。

ぜひ2階で乗って、景色を眺めてみるとよいでしょう。

これらのアトラクションに短い待ち時間で乗れば、ディズニーシーでたくさんのアトラクションに乗ることができます。

あとは、トランジットスチーマーライン、つまり船のアトラクションですが、これはメディテレーニアンハーバーのショー直後に行くのがコツ。

ショーの前から並べなくなりますので、ショー直後は誰も人が並んでいません。

1日で3つの乗り場すべてから乗るのが私の目標です。

まとめ

以上『ディズニーシーアトラクション待ち時間ランキング2019年7月版』でした。

いかがでしたか?

人気のアトラクションからそうでないアトラクションまで、完全に待ち時間でランキングしてみましたが、あなたの予想は当たっていましたか?

この待ち時間を参考に、ディズニーシーでのスケジュールを作ってみてください。

そして、パークでは必ずアプリでアトラクションの待ち時間をチェックする習慣をつけましょう。

楽天マガジン
なら、ディズニーファンも読み放題!

月額たったの380円で250誌以上が読めるオトクなサービス。

長い待ち時間の間でもスマホでディズニーファンが読める!

しかも初月は無料!

楽天マガジンの詳細・申込はこちら